国を選択

アエロメヒコ航空は
メキシコシティ新空港
フェリペ・アンヘレス国際空港からの運航を開始いたします

2022年2月10日

メキシコシティ、2022年2月9日:メキシコのグローバルキャリア、アエロメヒコ航空は4月よりフェリペ アンヘレス国際空港(AIFA)での運航を開始することを発表いたしました。 デイリ-運航でメキシコのメリダとビジェエルモサとの路線を開設します。お客様は、フェリペ・アンヘレス国際空港(AIFA)またはメキシコシティ国際空港(AICM)の両空港からこの2都市との間で、市場で最も多くの移動手段から選択できることになります。

今回の新路線開設は、ネットワーク、就航地、および顧客ニーズの分析に基づいて決定いたしました。同時に、この新空港での空港インフラストラクチャの使用も、メキシコの中心地との間の航空接続の新しいオプションとして開始されています。

GrupoAeromexicoの経営最高責任者、アンドレス コネサは、次のように述べています。「私達は特別な想いを持って、この発表をいたしました。Groupo Aeromexicoの社員全員の努力のおかげで、私達は大規模な事業再建および再編プロセスの最終段階にいます。これにより、私達はより強い企業となり、この度、私達の国への接続性やお客様の利便性を高め、雇用創出に利益をもたらす決定を行うことが出来ました。」
この新規路線により、アエロメヒコ航空は、メキシコシティの首都圏と43のメキシコ国内都市を最高水準の安全、健康、衛生管理のもとで繫いでまいります。

oo0oo

Grupo Aeromexicoについて
Grupo Aeromexico S.A.B. de C.V.は、メキシコの商用航空会社および顧客ロイヤルティプログラム運営企業の持ち株会社です。メキシコのグローバルキャリアであるアエロメヒコ航空は、メキシコシティ国際空港のターミナル2にメインハブを置き、メキシコから米国、カナダ、中央アメリカ、南アメリカ、アジア、ヨーロッパを繫ぐネットワークを持ってています。グループの保有機材は、ボーイング787および737型旅客機と最新型のエンブラエル190型機です。
アエロメヒコ航空は20周年を迎えたスカイチームの創立メンバーです。加盟メンバーの19社と提携し、世界の170カ国以上の都市でサービスを提供しています。
アエロメヒコ航空は健康衛生マネジメントシステム(HSNS)を構築し、全てのステージにおいてお客様と従業員の健康と安全を守る取り組みを実施しています。

ページトップへ

国を選択