国を選択

アエロメヒコ航空は
メキシコシティ国際空港での運航を
拡大いたします。

2021年11月1日

12月11日よりアエロメヒコ航空はターミナル2での既存の運航を補完する形で、ターミナル1から1日20便の運航を開始いたします。

メキシコシティ、2021年10月29日 – アエロメヒコ航空は事業戦略のひとつとして、12月11日から メキシコシティ国際空港を発着する運航をターミナル1へ拡大いたします。 現在アエロメヒコ航空が運航している全便が発着しているターミナル2は引き続き使用しながら、ターミナル1で毎日20便の運航を開始いたします。
アエロメヒコ航空は、お客様にいかなる変更もお知らせし、ご利用便に支障なくチェックインが出来るよう、当社の全ての公式コミュニケーション手段での取り組みを強化しています。

アエロメヒコ航空は、次のメキシコ国内線9路線の発着をターミナル1に移転します:
カンペチェ、デュランゴ、ロスモチス、 マタモロス、ヌエボラレド、レイノサ、タンピコ、サカテカス、シワタネホ

また、アエロメヒコ航空は、ターミナル1でも対象となるお客様にラウンジをご用意いたします。

アエロメヒコ航空のコマーシャル担当最高責任者であるアーロン・マレーは、次のようにコメントしています。「メキシコシティ国際空港の両ターミナルを使用することは、お客様により多くのフライトオプションと最先端のサービスを提供することを可能にします。今回の発表は、メキシコシティにおけるリーディングカンパニーとしてのポジション強化の拡張戦略の始まりにすぎません。そして、メキシコシティ国際空港からいただいた全てのサポートに感謝したいと思います。これからもアエロメヒコ航空はメキシコシティ国際空港と緊密に事業の円滑な拡大を進めてまいります。」

 

ターミナル1およびターミナル2での運航の詳細はこちらをご覧ください(英語ページとなります)

ページトップへ

国を選択