予約お問い合わせ

0570-783-057

(ナビダイヤル)

国を選択

ポサリカ

就航都市 ポサリカ のご紹介

あなたはほんとうにメキシコのすべての行き先を知っていますか?そろそろポサリカのことを深く知って、ここで長期休暇を楽しんでもいいのではないでしょうか?独特なこの都市についてもっと深く知れば、なぜもっと早くここで休暇を過ごそうとしなかったのか、不思議に思うでしょう。
ベラクルス州のポサリカ行きのフライトに優れたスケジュールとサービスのアエロメヒコを利用しましょう!

ポサリカにいる間、ベラクルス州の歴史について学ぶことができます。ポサリカは、トトナカ文化のコロンブス以前の重要な場所、エル・タヒン考古学ゾーンのとても近くに位置しています。

ポサリカは近代工業都市ですが、エル・タヒンとベラクルス初期の文化を体験し、リラックスするのにも理想的な場所です。もし別の視点から見る場所を選ぶなら、セロ・デル・アブエロとして知られているアメリカス・パークを訪れることができます。ここでは、街全体の素晴らしい景色が見られるポサリカで最も美しい場所のひとつです。

エル・タヒンは古代ベラクルス地方の祭礼遺跡で、ポサリカからわずか6キロの距離にあります。この場所は、ある海岸からティオティワカンを経由してここに移動してきたトトナカ族によって建設されたと考えられています。そしてここでの滞在の後、トトナカ族はパヌコ川の河口に達するまで旅を続け、最終的にベラクルス州の海岸線に沿って定住したと言われています。

古代都市エル・タヒンの主要な経済活動は、農業を中心に、交易、財・サービスの物々交換です。この都市は、15世紀に到着したスペインのコンキスタドールによって破壊されましたが、しばらくの後18世紀に、他の多くの遺跡と同様に、タヒンは偶然発見されました。

エル・タヒンで最も有名なピラミッドは、ピラミデ・デ・ロス・ニチョスです。もともとこのピラミッドには、太陽暦のカレンダーの日数に相当する365のくぼみがありました。これらのスペースは地球の中心を護る洞窟を象徴的に表す、蜂の巣のような形をしていました。

メイン広場では、壮大な ボラドーレス・デ・パパントラという、伝統的な儀式服を着た5人の男がそれぞれロープで頭を下に吊るされて行う、空中ダンスを楽しむことができます。儀式の間、男たち、つまり、飛んでいる人たちは、カラフルなスカーフや、小さな飾りや鳥のとさかを模する面白い形のもので装飾された円錐形のハットで頭を覆っています。華麗な衣装や儀式自体は、星を表す小さな丸い鏡から出る太陽光を象徴しています。

降下中、男たちは柱を13回まわり、合計で52回転繰り返します。これは、メソアメリカ文明のカレンダーで1年を構成する週の数が52ということに由来します。トトナカ族はボラドーレスの儀式を毎日3回行います。また、遺跡ゾーンは午前9時から午後5時まで毎日営業しています。

アエロメヒコを利用してポサリカ行きのフライトを予約し、この都市を楽しみましょう!

ポサリカへのルートMAP

その他の就航都市

もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
もっと見る
ページトップへ

国を選択