予約お問い合わせ

0570-783-057

(ナビダイヤル)

国を選択

2015-2016年のサステナビリティレポートを発表しました

2017年9月12日

アエロメヒコ航空は2015-2016年のサステナビリティレポートを発表

アエロメヒコ航空のサステナビリティレポートでは環境を保全し、メキシコをより良い国にするというコミットメントを示しました。

メキシコシティ、2017912-メキシコのフラッグキャリア航空であるアエロメヒコ航空は2015-2016年におけるサステナビリティレポート(持続可能性報告書)を発表しました。本報告書ではアエロメヒコ航空はより良い航空接続サービスを提供だけではなく、ご利用のお客様一人ひとりとの繋がりを重んじて、持続可能な環境を作り、メキシコをより良い国へ一助となるコミットメントを示しました。

持続可能性、社会、ボランティア、論理と誠実さへの取り組みは四つの重要な柱で、アエロメヒコ航空の社会責任の根本的な原則でもあります。アエロメヒコ航空の最高責任者アンドレス·コネサはこのように語っています。「環境改善に貢献するだけではなく、多くの人々を我々の様々なバリューチェーンに包含することが大切です。」

提示された報告結果の中で、最も傑出なプログラムとして温室ガス排出量の減少を目指す「グリーンフライト」プログラムがあげられます。お客様がアエロメヒコ航空のウェブサイトaeromexico.comで航空券を購入の際、このプログラムへ自発的に寄付することができます。収集された金額は全て年間運航中排出した二酸化炭素量に相当するメキシコカーボンプラットフォームMÉXICO2の排出量削減クレジットオフセットの購入に使われます。

この二年間で、アエロメヒコ航空は世界最新鋭機であるボーイング787-8787-9ドリームライナーを13機導入し、その結果燃費とCO2排出量が20%、ノイズ汚染が60%減少されました。

アエロメヒコ航空はさらに参加型社会構築を目指し、社員全員の各種ボランティア活動への取り組みを呼びかけています。各基金と共にボランティア活動に取り組んだ時間数は2,000時間を上回りました。

そのひとつの活動として、アエロメヒコ航空は国内外の38の市民団体に航空券の援助をし、教育、医療、芸術、文化、環境保護など様々な分野で300万人がこのベネフィットを受けました。

2017年の前半期での社会責任報告に、以下の取り込みが挙げられました。アエロメヒコ航空は現在、国家人権委員会(CNDH)などの政府機関と共に、人身売買との戦いに取り組んでいます。また連邦環境保護局と共同で生物多様性の保護や生物の違法取引を阻止する活動を行っています。

また6月にカンクンで開催されたIATA総会で、アエロメヒコ航空は、生物およびその製品の違法な輸送・取引を排斥する「バッキンガム宣言」に調印したラテンアメリカ初のエアラインになりました。さらに、アエロメヒコ航空は環境アセスメントプログラム認定を取得いたしました。これは私達の全運営活動における持続可能性を証明しています。

今日、アエロメヒコ航空は社会責任のある、メキシコの航空会社の模範的な企業であることを非常に誇りに思っています。メキシコのブラッグキャリアとして、私達は今後も環境保護のニーズに応え、地球をより持続可能な環境にするため、アエロメヒコ航空は最善を尽くしてまいります。

ページトップへ

国を選択